東松照明 (沖縄, Japan)

1930年
名古屋に生まれる
1950年
写真を始める
1954年
愛知大学卒業。上京し、岩波写真文庫のカメラ・スタッフとなる(~1956)
1958年
《地方政治家》などで第1回日本写真批評家協会新人賞を受賞
1959年
第5回毎日写真賞受賞。奈良原一高、細江英公、川田喜久治、佐藤明、丹野章とセルフ・エージェンシーVIVO設立(~1961)
1961年
長崎を取材。土門拳らと写真集『hiroshima-nagasakidocument 1961』(原水爆禁止日本協議会)刊行。同書は第5回日本写真批評家協会作家賞を受賞
1963年
アフガニスタンを取材
1965年
多摩美術大学付属多摩芸術学園 写真科講師となる(~1969)
1966年
東京造形大学 映像科助教授となる(~1973)
1972年
沖縄に移住(~1973)
1974年
荒木経惟、深瀬昌久、細江英公、横須賀功光と共に講師となり、写真学校WORKSHOP開講(~1976)
1976年
写真集『太陽の鉛筆』で日本写真家協会年度賞受賞
1976年
同写真集で第17回毎日芸術賞、第26回芸術選奨文部大臣賞受賞
1987年
千葉に移住
1995年
紫綬褒章受章
1997年
日本写真協会入会。MODERN MASTERPIECES(ST.JAMES)受章
1998年
長崎に移住。第31回日本芸術大賞受賞(新潮文芸振興会主催)
2003年
第56回中日文化賞受賞(中日新聞社主催)
2005年
日本写真協会功労賞受賞(日本写真協会主催)
2006年
東海テレビ文化賞受賞
2008年
写真展「琉球・沖縄2人展」:比嘉康雄「琉球の祭祀」/東松照明「チューインガムとチョコレート in 沖縄」(キヤノンギャラリー S)開催
2012年
12月14日 逝去

catalogue