Coming back

小島康敬 (Tokyo, Japan)

わたしは常に大都市に"儚さ"を感じる。
すべての大都市は人間の欲望によって形成され、そして、都市の大きさは欲望の大きさにより決めらていると思う。
都市に存在するすべてものは人間の意図によって成り立ち、自然に四季があるように、都市も常にその姿を変容させていく。
かつての透視図法的な意味を失った都市空間が、崩れ、膨張してきた都市の内部で、人間的な主体の位置が行方不明になってきた、その時間の記録。
まるで人の欲望が消えたかのような、人為と自然にある境界線に都市の未来を見る。
それらが、自分の目の前から消えてしまう前に写真を通して記録していきたいと思っている。

18.5 x 29.7 cm
40 Pages
20 Images
Softcover
Full color Offset
Edition of 500
ISBN 978-4-905052-51-7

SUPER LABO STORE