a.

b.

123 Polaroids

林志鵬 aka.No.223(北京, 中国)

『123 Polaroids』は、写真家No. 223ことリン・チーペンによる豊富で卓越したポラロイド写真群から選ばれた123点のイメージからなる写真集である。彼は2000年代の初め頃から、故郷の広州でポラロイドを撮り始めた。親しい人々や、安価なポラロイドフィルム、中国各地やチベット、東南アジア、日本、ヨーロッパへの旅といった彼の親密な記憶に深く分け入っている。ここには、彼の愛、ファッショナブルなヌード、扇情的で眼光鋭いポートレート、カラフルな風景や人々、戯れに憂いの表情で抱き合う肉体、エロティシズム、欠落感と計り知れない多くのものがずらりと勢揃いし、この媒体特有の素晴らしい不完全さと写真家の才能によって仕上げられている。

No. 223はかつて、自身の写真から1、2、3枚をベストショットとして名指ししたり選んだりするのはとてつもなく難しい、と私に語ったことがある。なぜなら、それぞれがひとつの記憶について、彼の人生の親密な一瞬について物語っているからだという。そうした発言に、私は付け加えよう。1枚の写真の美しさをもたらすのは、イメージだけではない。その構図、色彩、反射能、完成度あるいはシンプルさに、現実の記憶やイメージによって喚起される感覚までもが絡み合って成立するのだ。そう考えて見るならば、『123 Polaroids』は、ひとりの詩人の含意と豊かさが、自身の親密な記念写真や喚起された感覚に独自のやりかたで「声」を与えるさまを伝えているといえよう。

look inside

w13 x h20 cm
120 ページ
123 イメージ(カラー)
上製本
初版
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-94-0
*表紙は2種類