ESCAPE
Charles Johnstone & Heather Malesson

¥5,400 JPY
Available for Pre-order - this title is due to launch in early November 2021


This is the second collaboration from Johnstone & Malesson, with the first being ‘The Girl in the Fifth Floor Walk-Up’ by SUN. In their new book, ESCAPE, the artist duo create a world in which a fantasy-driven story of an upstate New York foray, plays out as an act between the two characters, in which the parables of invention and revelation of who is controlling the camera become the central dialogue. The use of expired, vintage Polaroid 600 film presents the images as anachronistic and seem to be from another time. It is a story in which the viewer is left to determine if the protagonist is the victim, the villain or the heroine - and who or what are they seeking to ESCAPE?
The book also features an essay by Matthias Harder, Director of the Helmut Newton Foundation and an afterward by Brad Feuerhelm, Director of American Suburb X.


W15.6 x h21.6 cm
88 Pages
56 Images(color)
Hard cover
Full color Offset
Limited edition of 800
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-89-6




ESCAPEは、The Girl in the Fifth Floor Walk-Up (SUN) に続き、チャールズ・ジョンストンとヘザー・マレソンのコラボレーションによる2作目となる写真集である。この新作で、2人のアーティストはニューヨーク州北部を舞台に、二人芝居の一幕のようなファンタジー的物語世界を繰り広げている。カメラを支配しているのは2人のうちいったいどちらなのか、虚実入り混じる駆け引きが見どころになっている。使用期限の切れた古いポラロイド600フィルムが用いられているため、本書に収められた写真は古びた雰囲気を醸し出し、別の時代のイメージのようだ。主人公は被害者か、悪者か、それとも魅惑のヒロインだろうか? エスケープしたいのは誰なのか、何から逃れたいのか? その判断は、見る者に任されている。
本書には、ヘルムート・ニュートン財団ディレクターのマシアス・ハーダーによるエッセーを、アメリカン・サバーブ・Xディレクターのブラッド・フォイヤヘルムによるあとがきを収めている。


W15.6 x h21.6 cm
88 ページ
56 イメージ(カラー)
上製本
オフセット印刷
限定800部
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-89-6