It Was Once My Universe
Marie Tomanova

¥7,800 JPY
Available to preorder / this title is due to release
in early September 2022


The photographs in It Was Once My Universe were created between December 16, 2018 and January 5, 2019 during Marie Tomanova’s first return home in over eight long years to her family farm in South Moravia, Czech Republic. It was not her choice to stay away from home for so long, but she could not return. And for her, it hurt to be away.

After graduating with an MFA in painting, Tomanova moved to the United States in 2011 and began to use photography as a means to work through her feelings of displacement living there. During this time in the United States, when things were difficult, she relived and idealized home in her mind, so when she actually went back to the Czech Republic in the winter of 2018, she was unprepared for the deep confusion and conflict she found in herself being home. During this time away, she felt she had become alien, and yet she still belonged. It was home, but so was New York City. John Berger writes, “To emigrate is always to dismantle the center of the world, and so to move into a lost, disoriented one of fragments.” It Was Once My Universe is about that. It is about contradictory feelings and disorientation. It is about home, family, memory, distance, and time.

w22.3 x h28 cm
128 Pages
85 Images(color)
Hard cover
Full color Offset
First edition
Published in 2022
ISBN 978-4-908512-61-2

Foreword by Lucy Sante
Texts by Thomas Beachdel, Marie Tomanova


It Was Once My Universe』に収録された写真は、マリー・トマノヴァが8年以上ぶりにチェコの南モラヴィアにある実家の農場に帰省した際、2018年12月16日から2019年1月5日の間に制作されたものです。これほど長く故郷を離れていたのは、彼女の選択ではなかったが、戻ることはできませんでした。そして彼女にとって、離れていることは苦痛でした。

絵画の修士号を取得後、2011年に渡米したトマノヴァは、現地で生活する中で感じた居場所のなさを解消する手段として、写真を使うようになった。この米国滞在中、困難な状況に陥ったとき、彼女は心の中で故郷を追体験し、理想化したため、2018年の冬に実際にチェコに戻ったとき、故郷にいる自分自身に深い混乱と葛藤を覚えることになったのです。この離れている間に、彼女は自分が異質な存在になったと感じ、それでも自分は所属しているのだと思ったのです。故郷でありながら、ニューヨークもそうだった。ジョン・バーガーは、"移住することは常に世界の中心を解体することであり、そうして失われた、断片的なものに移行することである"と書いています。 It Was Once My Universeは、そのことについての作品です。矛盾した感情や方向感覚の喪失についてです。そして家、家族、記憶、距離、時間について。

w22.3 x h28 cm
128 ページ
85イメージ(白黒)
上製本
カラーオフセット印刷
初版
Published in 2022
ISBN 978-4-908512-61-2

序文:  Lucy Sante
テキスト:  Thomas Beachdel, Marie Tomanova