LIGHT and SHADOW
Rinko Kawauchi
(川内倫子)

¥6,500 JPY

April 2011. Ishinomaki. Onagawa. Kesennuma. Rikuzentakata.
All these places were just so quiet. I realized for the first time how quietness connotes fear. There were no sounds.
In that quiet space, I saw a pair of pigeons-one black and one white.
Looking at these pigeons, I thought of them as symbols of so many things, especially the dualism of our world. White and Black, good and evil, Light and shadow, man and woman, beginning and end.
Throughout existence there have been, and will be, innumerable occurrences of delight and dread. Through I know it’s unreasonable to question why happiness and sorrow repeat in turn, I couldn’t help considering it while shooting. Creation awaits us after destruction.
In this way, I could also feel that the scene before me was the beginning of everything.

 

w14.8 x h21 cm
74 Pages
47 Images(color)
Hardcover
Full color Offset
Japanease and English text
Limited edition of 1000
Published in 2014
ISBN 978-4-905052-67-8

 

2011年4月石巻、女川、気仙沼、陸前高田。
訪れたどの場所もただ静かでした。静けさは怖さを内包していると初めてリアリティを持って気づかされました。
そしてしの静かな場所で白と黒のつがいの鳩と出会いました。この鳩たちを見ていると、いろんなものの象徴であるように見えました。わたしたちの住む世界の二元性。
白と黒、善と悪、光と影、男と女、始まりと終わり。
始まりと終わりのあいだには、喜びと悲しみ? 反転し繰り返す事が営みとはいえ、世の理にやりきれなさを感じながら撮影を続けました。しかしまた、破滅のあとには想像していくしかない、と思えば、この景色もすべての始まりのように思えました。

 

w14.8 x h21 cm
74ページ
47イメージ
ハードカバー
フルカラーオフセット印刷
日本文及び英文テキスト
限定 1000部
Published in 2014
ISBN 978-4-905052-67-8