memories people places
Slipcase edition
Anders Petersen

$89.00
Limited edition of 50 + 5APs
Housed in a slipcase,
Signed and Numbered certificate is attached.
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-55-1

memories people places is a photo book that includes 28 unpublished images to Ingen har sett allt (1995), a series taken at a mental hospital in Stockholm called Enskede-Skarpnacks psykiatriska sekto, which comprised the third book of the trilogy of work by photographer, Anders Petersen, following Fängelse [Prison] (1984), photographs taken at a prison, and Rågång till Kärleken [On the Line of Love] (1991), photographs of a nursing home. What lies in common with these three books is that their subjects are worlds separated from society and only known by a limited number of people such as family members and friends of the inhabitants. Since these places are largely invisible, we tend to form images of them in our minds. Needless to say, these are biases. 

memories people places is certainly a world that Anders Petersen created by photographs, but it is not a tightly closed one surrounded by sturdy walls. It is a world where ordinary people like us laugh, grieve, imagine, mope, make noises, act funny, and feel nostalgic even while suffering from illness. 

 

限定50部 + 5APs
写真集は特製のスリップケースに収められています。
作家サイン、エディションナンバー入りサーティフィケート付き。
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-55-1


『memories people places』は、1995年に発売されたIngen har sett allt.」(Mental Hospital)に新たに未発表作品を加えた写真集である。ストックホルムにあるエンスケデ・スカルプネクス精神医療セクター(Enskede-Skarpnacks psykiatriska sekto)で撮影されたシリーズだ。
アンデルス・ペーターセンにとっては刑務所で撮影した『Fangelse』(1984)、老人ホームを題材とした『Ragang till karleken』(1991)に続く三部作の掉尾を飾る作品となっている。三部作の共通点は一般社会から隔てられ、親族やごく親しい友人をのぞけば目にする機会がない世界であることだ。見えないために、私たちは限られた情報から心の中にイメージを育てている。それが偏見であることは言うまでもない。「memories people places」はまぎれもなくペーターセンが写真によってつくりだした世界だが、堅牢な壁に阻まれた閉ざされた世界ではない。私たちと同じように平凡な人々が病を抱えながらも、笑ったり、悲しんだり、空想したり、ふさぎこんだり、騒いだり、おどけたり、郷愁を感じたりする世界なのだ。