Tears in Rain #1 Paris, September 1999
Benjamin Deberdt
featuring:
Mark Gonzales
Aaron Rose
Susan Cianciolo

$34.00

Tears in Rain is a series of books documenting moments of life channeled through one person, or a group united by a common goal. Shot up-close by Benjamin Deberdt, in a documentary style that allows magic to shine through. Developed specifically for Tokyo based publisher SuperLabo, Tears in Rain follows a loose format according to each theme, character or moment documented, illustrating how Benjamin chose to capture it at the time, providing a details charged glimpse into long gone instants that may be remembered and cherished today, or just vanished in the endless stream of “content”. This also doubles as a study into his very own practice of visual recording of individual stories – and perhaps history – in the making. Providing a reflection of his own practice of photography or even a self-portrait in negative…

Tears in Rain #1 tells partial story of a Mark Gonzales exhibition in Paris in the autumn of 1999. At the time, Mark was exploring more facets of his never-ending creativity with the first sculptural fabrication of his already beloved “Schmoo”. That strangely human yet trait less character was finally attaining a third dimension, doing so without loosing any power of identification. As a local friend, Benjamin heard from Aaron Rose that he was coming over to help Mark set it all up at the Purple Institute. Luck had it that the space was a stroll away from the office of Sugar skateboard magazine, where Benjamin Deberdt was editor-in-chief. Hence, a couple of visits before the show, and three rolls of films – spent on what would most likely not be an article for any publication – gave Benjamin the chance to make up for the first time he met Mark Gonzales sited on the wooden floors of Harmony Korine's apartment on Spring St in NYC. That was in the spring of 1996, and Benjamin was way too shy –or dumb– to even get his camera out. After all, Mark Gonzales was his skateboard hero. Even if he was offering expensive candy, and happy to talk about his own love story with Paris…
This time, a re-arrangement of the paintings, suddenly all lined up at a child eye-level to Mark’s specifications, or cut-out workshop with fellow artist Susan Cianciolo would get a frame of celluloid, or two. Or more…

w17.6 x h25 cm
48 Pages
32 images(b&w)
Soft cover(hand-sewn)
Duotone Offset
Limited edition of 800
Published in 2022
ISBN 978-4-908512-57-5


Tears in Rainは、一人の人間、または共通の目標で結ばれたグループを通して、人生の瞬間を記録したシリーズである。バンジャマンデュベールは、輝く魔法のようなドキュメンタリースタイルで、クローズアップ撮影を行った。東京を拠点にする出版社スーパーラボのために特別に開発されたTears in Rain は、それぞれのテーマ、キャラクター、記録された瞬間に応じて、バンジャマンがその時にどう撮影したかを示す緩やかなフォーマットになっており、今日まで記憶されてきたかもしれない、あるいは無限のコンテンツの流れの中で消えてしまった、遠い瞬間の詳細を垣間見せてくれる。これはまた、個々の物語、そしておそらく歴史が作られる過程を視覚的に記録するという、彼自身の研究でもあるのだ。彼自身の写真の実践の反映、あるいはネガによるセルフポートレイトの提供…。

Tears in Rain #1は、1999年秋にパリで開催されたマーク・ゴンザレスの展覧会の様子を一部紹介しています。当時マークは、すでに愛されていた”シュムー”を初めて彫刻作品として制作し、彼の尽きることのない創造性の一面を探っていたところでした。この奇妙に人間的でありながら特徴のないキャラクターは、識別力を失うことなく、ついに三次元を獲得したのです。地元の友人であるバンジャマンは、アーロン・ローズから、マークがパープル・インスティテュートですべてをセットアップするのを手伝いに来ることを聞きました。幸運なことに、そのスペースは、バンジャマンデュベールが編集長を務めるスケートボードマガジン「Sugar」のオフィスから歩いてすぐのところにあったのです。ショーの前に何度か訪れ、どの出版物にも掲載されないであろう記事に費やした3本のフィルムは、ニューヨークのスプリング・ストリートにあるハーモニー・コリンのアパートのフローリングの上でマーク・ゴンザレスに初めて会った時の埋め合わせをする機会をバンジャマンに与えてくれたのです。それはバンジャマンはあまりに恥ずかしがり屋で、たとえ彼が高価なキャンディーを差し出しても、パリとのラブストーリーを喜んで話してくれても…カメラを持ち出すことさえできなかった1996年の春のことでした。マーク・ゴンザレスは彼のスケートボード・ヒーローだったのです。
今回は、突然マークが指定した子供の目の高さに並べられた絵の配置を変えたり、仲間のアーティスト、スーザン・チャンチオロとの切り絵ワークショップで、セル画のフレームが1、2枚、あるいはもっともらえることになったり…。

w17.6 x h25 cm
48 ページ
32 イメージ(白黒)
並製本(手綴じ)
白黒オフセット印刷
限定800部
Published in 2022
ISBN 978-4-908512-57-5