CITY CONFESSIONS #1 TOKYO
Ed Templeton

$34.00

The photographs in this book were taken during seven trips to Tokyo between the years 1998 and 2018, with the majority being shot between 2016 and 2018.

I first came to Tokyo in 1998 on a skateboarding tour, and then again two times in 2001, first for a big citywide art exhibition called "Untitled 2001" and then again as a skateboarder later that year. Those first visits to Tokyo were full of walking and wandering and photographing in the streets when I wasn't skateboarding. Then in 2016 I came back to Tokyo as a tourist after a long absence. These more recent trips have been more focussed on shooting photographs and observing the life and rhythms of the people of Tokyo. I like to find moments that speak to human existence and specifically to the customs and rituals of life in Tokyo.

"City Confessions #1 Tokyo" is the first book in the City Confessions series. City Confessions will be an ongoing series of books that will be later slipcased together as a set. Each volume will be a selection of photographs from a city that I have spent significant time working in and exploring.

 

w20.8 x h24 cm
56 Pages
53 Images(b/w) 5 Images(color)
Soft cover (hand-sewn)
Full color Offset
First edition of 1000
Published in 2019
ISBN 978-4-908512-80-3

 

『この本に収められた写真は、1998年から2018年までの間に東京を7回訪れて撮影したものだ。とりわけ、2016年から2018年にかけて撮ったものが多い。
初めて東京に来たのは1998年、スケートボード・ツアーに参加したためだった。その後、2001年には2回訪れていて、1回目は「無題2001」という23区全体規模の大きな展覧会のため、2回目はやはりスケートボードのツアーのためだった。これら最初の3回は、スケートボードをしているとき以外はとにかく大いに路上を歩き、さまよい、撮影した。そして2016年、久々に旅行者として東京に来た。こうした最近の旅では、東京の人々の生活やリズムを観察し撮影することに、以前よりも集中している。東京で、人間の存在そのものや暮らしの中の習慣や風俗が露わになるような瞬間を見つけるのが好きなのだ。
『シティ・コンフェッション#1 東京』は、「シティ・コンフェッション」シリーズの最初の写真集である。このシリーズは継続中で、いずれスリップケース入りのセットになる予定だ。各刊は、まとまった期間滞在し、撮影したり探索したりした都市別の写真集になる。』

 

w20.8 x h24 cm
56 ページ
53 イメージ(b/w) 5 イメージ(color)
並製本(手綴じ)
カラーオフセット印刷
初版1000部
Published in 2019
ISBN 978-4-908512-80-3