OSLO F
Morten Andersen

¥6,000 JPY

When I finished my second book Days of Night (with pictures from New York and Tokyo) I was broke and had no ideas either. So it was not the best of times when I got a call from a press photographer friend of mine. He had gone digital and had cleaned his car, his apartment, bags and jackets and ended up with 3 big bags of films he was going to throw away. But maybe it was easier to get rid of it by calling me?! I was happy and even bought him a beer! But what to shoot…? Some of the films was pretty old, some had been in and out of xrays at airports, some even maybe used so I started slowly to test some films shooting in my neighborhood in the inner city of Oslo. I looked at architectural details, graffiti, objects, plants and vegetation which is often temporary and overlooked, but are important parts of the city's identity. Time and history becomes very visible in the citys architecture, etc. and shows the city's transformation processes. Large parts of modern Oslo's were established at the end of the 19th century and literature and paintings from this period has partly been an inspiration for the project. 

The title is inspired by the movies “Christiane F. vom Bahnhof Zoo” and “Døden på Oslo S.” (death at Oslo central station). What the F stands for is open, but it can be fiction, foto, fantasy, flowers, etc., or a fictional area of the city.


w18.7 x h13 cm
224 Pages
222 images(b&w)
Hard cover
Duotone Offset
Limited edition of 800
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-54-4



2冊目の本『Days of Night』(ニューヨークと東京の写真集)が完成したとき、私は一文無しで途方に暮れていた。だから、友人の報道写真家から電話をもらったのは、不調の時期だった。彼はデジタルを用いるようになり、車もアパートもバッグもジャケットもすっかり綺麗にして、バッグ3個分のフィルムを処分することにしたのだった。私に電話する方がただ捨てるより簡単だとでも思ったのだろうか。 とにかく私は嬉しかったので、彼にビールを奢った。それにしても、何を撮ろうか。フィルムの一部はとても古く、空港でX線を浴びていた。使用済みのものが混じっている恐れもあったので、私はまず、オスロ市内で自宅の近隣からぼちぼち撮影することにした。建築物のディテールのほか、グラフィティ、オブジェ、木々や草花など、移り変わるため見逃しがちではあるが重要な、街のアイデンティティをなす、こうした部分を観察した。都市の建築は、時代や歴史を如実に表し、変化のプロセスも示している。近代オスロの大部分は19世紀末に確立されたものだが、その時代の文学や絵画は、私のこのプロジェクトのインスピレーションにもなった。
タイトルの“Oslo F.”は、二つの映画、「クリスチーネ・F ~麻薬と売春の日々~」と「オスロ中央駅の死」から考えた。「F」が何を意味するか、解釈は自由だ。フィクション(虚構)、フォトグラフ、ファンタジー、フラワー……あるいは、都市にある「虚構」区域かもしれない。


w18.7 x h13 cm
224 ページ
222 イメージ(白黒)
上製本
白黒オフセット印刷
限定800部
Published in 2021
ISBN 978-4-908512-54-4