Sein
Issei Suda
(須田一政)

$31.00

Probably since I have shown only black and white photographs for several years, people often ask me, "Don't you take color photographs anymore?" Actually, I have always taken color photographs while doing my monochrome works. Especially during the 1990s, I did more works in color than in black and white. I have always insisted it makes no big difference whether my work is in color or in black and white. However, occasionally, certain subjects definitely make me feel like photographing it in color. Needless to say, the color of such subjects is the lure. While black and white images seem to be able to connote the photographer's feelings deeply within, color photographs tend to reveal the photographer's tastes and preferences, even if not intended. Maybe this is why I cannot completely forget about taking color photographs even as I am doing black and white works.

This book includes photographs I took from 2012 through early 2016. Since I had been focusing on showing monochrome photographs from 2012 through 2015, my color photographs were just piling up after being developed. Then, looking at them, I was tempted to create a book with them. When I had an exhibition of my black and white works, I also showed 3.5'' x 5'' prints of my color photographs in a showcase as "what I was now selecting". Mr. Hoki saw them and offered to publish them.

I have always told people that photographing when I want and what I like is my style. This book is the ultimate manifestation of it. As I walk in the street, my eye is caught by signs, posters, rusty old shops and their mannequins and dolls, all immobile alongside big buildings, soon concealed or buried in the depth of memories of passers by. These objects never cease to intrigue me. My everyday life may be barely outlined by these objects. Sein may refer to the outline of my being.

 

w18.7 x h13 cm
96 Pages
87 Images(color)
Hardcover
Fullcolor offset
First edition of 600
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-03-2

 

Sein Special edition

 

ここしばらくモノクロの写真展が続いたせいか、「カラーは撮らないんですか?」と質問されることが少なくない。実際は昔からモノクロと並行してカラーも撮影していて、特に90年代はカラー作品の方が多かったくらいだ。
この、モノクロかカラーかという選択時において、自分の写真に対しては取り立てて両者の区別はないと語ってきた。
だが、やはり被写体によっては「これはカラーで」と思うものがある。言うに及ばす、その吸引力が色彩によるものが大きいからだ。モノクロはイメージを深く込められるのに対して、カラー写真には自分の趣味嗜好がはからずも明確に出るように思う。だからこそなのか、モノクロの作品を撮り続けている時でも、完全にカラーを手放すことができない。
この写真集に収められているのは2012年終わりから2016年初めに撮影したものである。2012年から2015年はモノクロ作品の発表が頭にあったので、カラーは発表のあてもなく、現像が終わるとそのままストックしておくという状態になっていた。
それをまとめ、改めて見ているうちになんとか形にしたいと考えるようになった。そこでモノクロの写真展を開催した際、「セレクト中の作品を見せる」という試みでカラーのL判をショーケースの内に並べたことがある。それがホウキ氏の眼に触れ、この写真集のきっかけになった。好きな時に好きなモノを撮る―というのが私の写真のかたちだと、何十年も言い続けてきたが、この作品集はその極みとも言える。街を歩いていて、必ず目にとまる看板やポスター、古びた店の風情、マネキンや人形、大きな建築物に寄り添い、隠れ、通り過ぎる人の記憶の奥底に沈みゆく、ただそこにあるだけの動かぬモノたち。
それらが長年飽きることない被写体として在り続ける。もしかしたら、日常はこのモノたちによって輪郭を保っているのではないだろうか。
存在(Sein)とはその輪郭を指す名称なのかもしれない。

 

w18.7 x h13 cm
96 ページ
87 イメージ(カラー)
上製本
カラーオフセット印刷
限定600部
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-03-2

 

Sein Special edition