Svalbard
Special Edition
Naoki Ishikawa
(石川直樹)

$294.00
Photo book with print
*Choice between 2 original prints.
Include signed print,mounted in a mat with hard cover folio,
set together with a book in a slipcase.
Numbered certificate is attached to the folio
Each print is limited edition of 15 + 3APs,

Print type : C print 
Print size: 18 x 12.8 cm
*signed  by artist on verso
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-09-4

Northeast of Greenland, far north of the Scandinavian Peninsula, there is a group of islands called Svalbard. A part of Norway located in the northernmost part of the Arctic, this area is the northernmost point where human beings live today. Needless to say, summer nights are filled with the light of the midnight sun, and very dark polar nights are experienced during winter. The environment is so severe that the daily lowest temperature in winter is as low as -30℃. 
I have visited Svalbard two times so far. The first time was in April 2007 when the winter was not yet over, and the second time was from June until July of 2017,in mid-summer. Over a decade of time had passed between my two trips. 
Summer in the Arctic confuses my sense of time. Time over thousands of years, my life span shorter than a hundred years, and the cycle of 24 hours in a day. 
A polar bear is biting on a seal somewhere I do not know. And at the same time, someone is calling my cell phone, someone probably busy working day and night. Being on the Arctic island, I am reminded of the world we live in as such.

 

オリジナルプリント付き写真集

*プリントは2種類の中から1点セレクト
作品はマウントされ、ハードカバーのフォルダーに収められています。
エディションナンバー入りサーティフィケートがフォルダーに添付されています。
写真集とフォルダーはともにスリップケースに収められています。
エディション : 各15部 + 3APs

プリントタイプ : Cプリント
プリントサイズ : 12.8 x 18cm
*プリント裏面に作家サイン入り
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-09-4

グリーンランドの北東、スカンジナビア半島のはるか北に、スヴァルバールという群島がある。 ノルウェーの一部だが、北極圏のなかでも北緯80度近い極北に位置し、人が暮らしている土地と しては最も北にある、まさに最北の街だ。当然、夏は光で満たされる白夜、冬は闇に包まれる極夜 となり、冬の最低気温は-30℃以下にまで冷え込む厳しい環境である。ぼくは撮影のため、このスヴァルバール群島を二度訪れている。一度目は2007年4月のまだ冬が 終わり切っていない時期、そして二度目が2017年6月から7月にかけての夏の時期。10年の時を経て、 二回この島を訪ねた。夏の北極圏は、ぼくの中にある時間の感覚を狂わせる。何千年という時間の流れと、わずか百年 にも満たない自分の人生と、二十四時間の一日のサイクルと。ぼくの知らないところでシロクマがアザラシに食らいついている。と同時に、誰かがぼくの携帯電話 を鳴らし、そこでは昼夜を問わず忙し働いている人がいる。そういう世界に生きていることを、ぼくは極北の島の上であらためて知る。