WHITE NOISE
Antoine d'Agata

$48.00

Paradigms. Certitudes collapse and reality dissolves into splintered sequences. The accumulation of images is the symptom of an absolute impossibility, an overflow, a permanent dissolution of senses and reason. The abundance tends toward saturation. Intoxication, intemperance, and expenditure lead to the atomization of the image inside an infinite contraction of time. Figures exposed to the destructive gratification of desire go through the confusing time of agony, end up suspended in that banal vacuum that is their unique destiny. No possible communication. Reason is sacrificed to the realm of sensation. My strategy of living rests on the movement of excess as its only principle. It is doomedto dissolve into physical exhaustion. Splayed indefinite aesthetic forms slowly become a single flux of consciousness. Antisocial and amoral, the language takes shape from immediate confrontations of individual beings with the physical world.

A source of disorder, it carries within itself the seeds of action. The dissolution of forms eradicates arrogant photographic rules, contaminates our understanding of reality, reveals the bodily experience of facing the void, of sacrificing to oblivion through the dissolution of accepted limits. What is left is humble. Fatality of ignorance. Pushing physical limits, relentlessly trying to possess the world through absorption and adsorption, I no longer fear death, nor the eyes of others.

Antoine d’Agata

W12.4 x h18.2 cm
256 Pages
126 Images
Hard cover
Full color Offset
Limited edition of 1000
Published in 2023
ISBN 978-4-911112-05-2


パラダイム。確証は崩壊し、現実は分裂した連続へと溶解する。イメージの蓄積は、絶対的な不可能性の徴候であり、氾濫であり、感覚と理性の永久的な溶解である。豊かさは飽和に向かう。酩酊、不摂生、浪費は、時間の無限の収縮の中でイメージの原子化をもたらす。欲望の破壊的な充足にさらされた人物は、苦悩の混乱した時間を経て、彼らだけの運命である平凡な真空の中で宙吊りになってしまう。コミュニケーションは不可能だ。理性は感覚の領域の犠牲となる。私の生きる戦略は、唯一の原理である過剰の運動にかかっている。それは肉体的な疲労に溶解する運命にある。広がる不定形の美的形態は、ゆっくりとひとつの意識の流れになる。反社会的で非道徳的なこの言語は、個々の存在と物理的世界との直接的な対立から形作られる。

無秩序の源である言語は、それ自体に行動の種を宿している。形の溶解は、傲慢な写真のルールを根絶し、現実の理解を汚染し、空虚に直面し、受け入れられた限界の溶解を通して忘却への犠牲を払うという身体的経験を明らかにする。残されたものは謙虚である。無知の宿命。肉体の限界に挑み、吸収と吸着によって執拗に世界を所有しようとする私は、もはや死も他人の目も恐れない。

アントワン・ダガタ

W12.4 x h18.27 cm
256 ページ
126 イメージ
上製本
カラーオフセット印刷
限定1000部
Published in 2023
ISBN 978-4-911112-05-2