WOW
Mario Testino

$39.00

Throughout my life I have been made aware that people have different identities. At school I never dressed like the other kids. For me, it was a kind of experiment. I liked playing with who I was - defying the rules. It’s a sort of rebellion. Youth likes change., and to always stay the same would be boring.
I grew up in a conventional world, yet I’ve come to accept that my life is constantly introducing me to different worlds. It’s exciting; challenging and each twist and turn takes me closer to discovering who I really am.
This book is about people I’ve encountered that have forced me to stop and look. They are all different, but what I saw made me want to celebrate their unique individuality. Each photograph represents a door into a new world I was previously unaware of.
I’d like to thank everyone within these pages for their self-expression. There is no end to the variety of life, and it is that which keeps me taking photographs. Our imaginations have no limits. They can take us literally anywhere. And back again. Let’s keep imagining.

w21.3 x h29.4 cm
66 Pages
53 Images(color)
Soft cover(hand-sewn)
Full color Offset
Limited edition of 1000
Published in 2020
ISBN 978-4-908512-95-7

 

これまでの人生で、私は人には多様なアイデンティティが備わっていることを学んできた。学校では、私は他の子どもたちと同じような服を着ることがなかった。私にとって、それは一種の実験だった。ルールに逆らい、“自分とは何者なのか”をめぐって遊ぶのが好きだった。一種の反逆である。若者は変化を好む。ずっと同じでいることは退屈だろう。
私は伝統を重んずる環境で育ったが、それでも、人生が私を異なる世界と次々に出会わせてくれるのを受け入れるようになった。これはわくわくするし、やりがいがある。曲がり角をひとつ曲がるたび、ほんとうの自分の発見に向かって近づくのだ。
本書は、私と出会い、私の足を止め、目を引いた人々を捉えた写真集である。彼らはきわめて多様だが、見れば彼らのユニークな個性を称賛したいと思わずにはいられなかった。一点一点の写真は、私がそれまで知らなかった新しい世界への扉そのものである。
本書のページに収められたすべての人々の自己表現に感謝を捧げたい。人生の多様さには限りがなく、まさにそのことが、私が写真を撮り続ける動機になっている。われわれの想像力は無限である。想像力によって、われわれは文字通りどこへでも行くことができ、帰っても来られる。さあ、想像力を羽ばたかせ続けようではないか。

w21.3 x h29.4 cm
66 ページ
53 イメージ(カラー)
並製本(手綴じ)
カラーオフセット印刷
限定1000部
Published in 2020
ISBN 978-4-908512-95-7