You can click away of whatever you want: That’s PUNK
Herbie Yamaguchi
(ハービー・山口)

¥0 JPY

I started photography at the age of 13. From 2 months old, I suffered from TB in my back bone.
Following this, my theme in photography was HOPE.
Because of the TB I had endured from such a young age, I built up a lot of desperation and isolation at the time.
Several years before turning 20, my doctor told me that if I was careful I would continue to live a strong and healthy life.
I moved to London when I was 23 to restart my life and build on my passion of photography, I remained there for around 10 years.
I was quite poor when I arrived in London and most of the time I was a lodger in some of my friend’s flats.
Whilst living there I was able to connect with many interesting people, including musicians, by chance. For instance, I met a bloke called George in a flat in Goodge street, who later turned out to be Boy George….
I was lucky enough to bump in to Joe Strummer of The Clash on the London Tube.
I turned to him and asked him if he would be kind enough to let me take some Photographs of him and he answered, “You can click away of whatever you want, That’s Punk”.
These words became the title of this book, as it resonated with me and hopefully it will give others courage, energy and HOPE.
In the last period of my LONDON era I was lucky enough to get some jobs working for Japanese music magazines and for record companies.
This enabled me to photograph more musicians and meet many more people.
These photo sessions were probably not important to them, but they remained sincere and gave me generous feedback that reflects on the photographs that I took.
I really like to thank them all for their contributions which made my life in London a truly memorable one.

 

w22 x h23 cm
48 Pages
31 Images(b/w)
Softcover(hand-sewn)
Doubletone Offset
Limited edition of 1000
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-05-6

 

僕が写真を始めたのは中学2年生の時でした。
その頃カリエスという病気を幼年期から患っていた私の心には孤独と絶望しかなく、とにかく希望につながる写真を撮りたいと思っていました。
激しい運動をしなければ、何とか生きていけるのではと医師から言われたのは20歳のなる数年前のこと。
23歳でロンドンに渡ったのは、全く新しい人生をこの街で始めたかったからです。
日本に帰ることなくおよそ10年を過ごしました。
極貧でしたので、ほとんどが友人の家に居候という立場でしたが、なぜかミュージョシャンとの出会いが多くありました。
ある時数人でシェアしたいた同じフロアーにジョージという青年がいました。その彼が後のボーイ・ジョージです。
またある午後、地下鉄でクラッシュのボーカル、ジョー・ストラマーを見かけました。
恐る恐る、写真を撮って良いですか?と尋ねる僕に、彼は「撮りたいものは全て撮るんだ、それがパンクだろ!」と言って私のカメラの前に立ってくれました。
この時の言葉がこの本のタイトルになりました。
当時の僕を励ましてくれた言葉であり、未だ現代の人々に希望を与える言葉です。
後年、日本の音楽雑誌の仕事に恵まれ、さらに多くのミュージシャンにカメラを向けることが出来ました。
僕とのフォトセッションは彼らにとって、それ程重要なものではなかったかも知れません。しかし、彼らは僕に誠実に向き合い、飾らぬ素顔を見せてくれました。
今、彼らの写真を見ていると、ミュージシャン達の寛容な心があってこそ撮れた写真だと痛感します。
彼らに対して、感謝の気持ちで一杯です。

 

w22 x h23 cm
48ページ
31イメージ(白黒)
並製本(手綴じ)
白黒オフセット印刷
限定1000部
Published in 2017
ISBN 978-4-908512-05-6